最近はエコや節約のために太陽光発電を自作される方が増えており、太陽光発電を自作するのに必要な道具も個人向けで多く販売されています。
太陽光発電に必要な主な道具は「ソーラーパネル・チャージコントローラー・インバーター・バッテリー・ケーブル」です。
太陽光発電を自作するに際の接続方法ですが
1.チャージコントローラーとバッテリーを接続
2.バッテリーとインバーターを接続
3.ソーラーパネル店長ケーブルを接続
4.ソーラーパネルとチャージコントローラーの接続
5.チャージコントローラーと電圧計を接続
となります。
メーカーによって多少変わってきますが、これを基本と覚えておけばいいでしょう。
注意する点としては、全ての接続が完了するまで「ソーラーパネル」は太陽に向けず壁側に向けて置くようにして下さい。
太陽光発電を自作するとなると難しいイメージがありますが、挑戦してみると意外と簡単に発電ができてしまいます。
何より嬉しいのはコンセントに刺さっていないのに電化製品が自分の自作した発電機によって動いた瞬間です。
太陽光発電を自作するメリットとしてエコや節電以外にも、
・自分の目的に合わせた形で作れる
・災害時にライフラインが経たれても最低限の電源供給ができる
などがあります。
自作太陽光発電が気になった方はこちら⇒太陽光発電 自作

関連記事